2013/01/14

Unknown Another Thai Orchestra - Thai Classical Music (Unknown (Pigeons), HS350, 7")

と、もう一枚。

ミュージック・コンクレートで水音サンプリングしたかのような琴使い弦使いの超絶盤。

このままノイマイヤーのZero Setに繋げたいくらい。

英米海外表記だと"Thai Xylophone Instrumental Music"とか書かれてます。自分もこういうものをプロト・テクノとか言っちゃいがちな搾取側の人間であることを痛感しながら、辺境とかいう言葉の偏屈で偏見に満ちた偏狭具合を改めて感じてみたりするわけです。

しかし、、最高ですね。もしもこれがヨーロッパのライブラリー・レーベルに残されていたら、90年代中頃に発掘されて世界の実験音楽の行く末と日本のモンド・ミュージックの基準が変わっていたはず、とかやっぱ言っちゃう自分です。

Unknown Thai Orchestra - Lao Duang Duen

Unknown Thai Orchestra - Kamen Potisat

2013/01/13

Unknown Thai Mixed Chorus Group - Unknown Title (Crown Records, CT5137, 7")

でまたやっぱりアンノウン。

なんてジャンルかもよくわかってない最低の文化搾取ですが、チャント的ヴォーカルと瞑想もできそうにない覚醒ミニマルグルーヴからすると宗教儀式的なものなのかジャケどおりに単なるダンス音楽か。台詞が入るところからすると演劇音楽の線が濃厚でしょうか。ちゃんとジャケがある時点でこちらも外国人向けのお土産音楽臭も漂います。

もしも西洋現代音楽がガムランと禅よりも先にこちらに気付いていたらどうなってたんだろうなーとか夢想します。あとなんか途中で「アップル・ティー」て聞こえるの空耳でしょう、、ね。

メランメラ~とかはAlan Lomaxのカリブ諸島録音で聴けるものに限りなく近いと思ったり。

Unknown Thai Mixed Chorus Group - Unknown Song 1

Unknown Thai Mixed Chorus Group - Unknown Song 3

Unknown Thai Mixed Chorus Group - Unknown Song 4

2013/01/12

Unknown Thai Orchestra - Thai Classical Music (Crown Records, BS1184, 7")

英語表記がある時点で珍しいですね。近年知れ渡ったタイ産レアグルーヴものとは一線を画す一枚も。

はっきり外国人向け、Thai Classical Musicと銘打たれた、正しくイメージの中での楽園x仏教国音楽。といってもLaoとあるのでイサンなどラオス文化圏の祭事音楽でしょうか。

日本の民謡・音頭・節・三味線・雅楽なんかも他の耳にはこう聞こえているのだとすると、しっかり紹介してみるべきかもと思いますよね。ま、文化交流レベルでしているか。国外の穿った耳で表面の音だけ剥ぎ取られて紹介されてみたいもんです。

A面後半の酩酊具合とかクラウトロック超えですし、B面なんてまるごと前衛実験電子音楽が100年かけてやってきたことを振り切ってます。

ミャンマーの太鼓ものとかもレコメン勢真っ青みたいな瞬間ありますし、突っ走ってきた筈の先鋭が原始とまったくイコールだったっていうサルの惑星みたいなオチの良質な文化的臨床サンプル、のような。

Unknown Thai Orchestra - Lao Duang Dork Mai

Unknown Thai Orchestra - Manora Lui Fai