2012/05/05

Hiroyo Kotani & Yoshinori Maeno - Cin Cin Pon Pon (KING, TV(H)-30, 7")

少し前の、ラジオネタ盛り上がり→再録音ヴァージョンの裏ヒット、で定着した感のあるちんちん歌謡傑作の76年オリジナルヴァージョンはやっぱりかわいいです。現在のようなネタとしての自覚は制作意図にあったのでしょうか。

成長した浩代ちゃん当時3才は今どう思っているんですかね。にしても3才ってこんなに感情入れて歌えるものでしたっけ。天才。

ちなみに元は、汽車が通り過ぎる風景を歌ったイタリア民謡。ヨーロッパ各国でカヴァー盤も出されておりこちらもEnrique Y Anaのヴァージョンもあります。

Cin Cin Pon Pon、日本語でいうシュッシュッポッポッなわけで、似ていますねオノマトペ。祝こどもの日。

Hiroyo Kotani & Yoshinori Maeno - Cin Cin Pon Pon

1 件のコメント:

  1. 通りすがりのゼッキーノ・ドーロおたく2012年5月9日 1:10

    原曲は1972年第14回ゼッキーノ・ドーロの出場曲ですから(勿論民謡ではありません)、日本語版が発売されるまでに4年が経っているわけですね。同じゼッキーノ・ドーロの過去作品である「黒猫のタンゴ」や「ちびっこカウボーイ」の日本語版がオリジナル発表より1年とたたないうちに発表されたことを考えますと、「チンチンポンポン」日本語版の発売にはかなり時間が経過しているようです。なにがそんなに手間取らせたのかは分かりかねますが…。

    返信削除